三浦誠司日記。


by seijimiura
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ:Works( 175 )

なつっこ音頭

9月12日発売
『THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS LITTLE STARS! なつっこ音頭』

c0025319_09242719.jpg

表題曲「なつっこ音頭」の作詞を担当しております。
TVアニメ『シンデレラガールズ劇場』の8月度ED曲です。
作編曲は岡野裕次郎さん。
歌唱メンバーは赤城みりあ(cv:黒沢ともよさん)、
城ヶ崎莉嘉(cv:山本希望さん)、橘ありす(cv:佐藤亜美菜さん)、
結城晴(cv:小市眞琴さん)、龍崎薫(cv:春瀬なつみさん)です。

つい先月もシンデレラで音頭な告知をさせていただきまして。
ただ、そっちは作曲、こっちは作詞ということで。
同一タイトルの中で作詞のみ、作曲のみの
どちらのパターンも担当するというケースは
自分にとっては時々あるので珍しくはないんですが、
それがどっちも"音頭"というのは…
多分この先の作家人生でも二度とないんじゃないかと^^

この「なつっこ音頭」、
ちびっこ達の夏の情景を描いたほのぼのテイストの内容になってます。
何度か書き直していくうちに、全体を貫くストーリーみたいなものが見えてきて、
結果的にかわいい着地点にたどり着けたかな、と。

TVサイズは1、2、3番から抜粋・再編集した形だったので
フルで聴いていただけるとまた印象が変わるんじゃないかと思ってます。

予想以上に「毎日あっちち」だった今年の夏でしたが、
個人的には、ひと夏にふた音頭という
“盆と正月”ならぬ”盆と盆”が立て続けにやってきたような
記憶に残る季節になりました。

「でれぱ音頭」も「なつっこ音頭」も
どちらの音頭もよろしくです!


[PR]
by seijimiura | 2018-09-12 09:22 | Works

シンデレラガールズ劇場

TVアニメ『アイドルマスター シンデレラガールズ劇場』
8月度ED主題歌「なつっこ音頭」
作詞を担当させていただきました。
先週放送分からオンエアされております。

CDは9/12発売ですので、詳しいお話はまたその折に。

ぜひ今年の夏は「なつっこ音頭」で盛り上がってくださいませ!
(あら、なんだかデジャブな締め…)

[PR]
by seijimiura | 2018-08-13 10:54 | Works

でれぱ音頭

8月1日発売
『アイドルマスターシンデレラガールズ CINDERELLA PARTY!
 でれぱ音頭 \ドンドンカッ/』


c0025319_18110199.jpg

原紗友里さん&青木瑠璃子さんが歌う表題曲
「でれぱ音頭」の作曲を担当しました。

Webラジオ『CINDERELLA PARTY!』のテーマ曲として
去年の2月から使用されていた本曲が
二度目の夏を迎えてとうとうCDリリース。
そりゃあもう気分も\ドンドンカッ/ですよね。

そのままご町内の盆踊り大会にも使えるくらいの
ガチな音頭を目指して作曲したのですが、
その時のイメージを遥かに超えて、
お二人の手がけた歌詞と歌でムチャクチャ楽しい仕上がりになってます。

個人的には、765、ミリオンライブ、SideMに続いて
初めてシンデレラガールズ関連のオリジナル曲にも関わることができた
記念すべき1曲となりました^^

ぜひ今年の夏は「でれぱ音頭」で盛り上がってくださいませ!


[PR]
by seijimiura | 2018-08-01 18:09 | Works

a little star

6月27日発売
吉田仁美さんベストアルバム『10rder』

c0025319_15442588.jpg

新曲「a little star」の作詞を担当させて頂きました。

吉田さんのアーティストデビュー10周年を記念したこのベスト盤。
新曲のテーマは、これまでとこれからへの想いを歌ったものになっています。

僕自身、吉田さんと初めてお会いしてから今年で10年。
これは折に触れ言っていることですが、
もともと作曲家指向しかなかった自分が、
作詞家としての意識も強く持つようになっていったのは、
歌詞の一語一句を大切に考えて歌われる吉田さんの姿を
間近で目にすることができたおかげだと思っています。

今回その感謝の気持ちも根底に持ちつつ、
吉田さんの想いを充分に伝えられるよう心掛けながら
大事な節目の1曲の歌詞、綴らせて頂きました。

作編曲は大森俊之さん。
今年頭にとある席で初めてご挨拶させていただいたのですが、
こんなに早くご一緒できる機会がやってきたことに感激しました。
メロディーが本当に優しく、デモの時点で吉田さんの歌声が聞こえてくるようで、
歌詞のストーリーを導いてもらった瞬間が何度もありました。
オケも素晴らしいのですが、個人的に強く推したいのはストリングス!
音色もフレーズもとにかく美しく聴き返すたびに鳥肌です。

それにしてもこのベスト盤…!
ご一緒させていただいたTVアニメ『そらのおとしもの』の楽曲
「帰るから」「SECOND」「Utopia Blue」はもちろん、
別の楽曲で関わらせていただいた『お稲荷さま』や『ろこどる』、
原作コミックスから好きでアニメも観ていた『ムーコ』、
プリキュアシリーズ、そしてルパパト…。
ほぼ全曲、口ずさめるくらいに知ってる!

お仕事云々だけではなく、
いろんなところで吉田さんの歌声を聴き続けてきた10年だったんだな、と
改めて気づきました。
今も子供たちと『おかあさんといっしょ』を毎日見てますしね^^

吉田仁美さん、デビュー10周年、おめでとうございます!

[PR]
by seijimiura | 2018-06-27 15:41 | Works

ビシバシ体操

6/27発売
『快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー ミニアルバム3』

c0025319_14484008.jpg

吉田仁美さんと国際警察合唱団が歌う
「ビシバシ体操」の作詞・作曲・編曲を担当しました。

思い出深い『非公認戦隊アキバレンジャー シーズン痛』の
ED主題歌「スーパー戦隊☆非公認応援歌」作曲から5年。
"公認戦隊"への初めての楽曲提供になります。
正直、こんな日が来るとは…という気持ちです。
戦隊ファン、“ニチアサの子”としては嬉しくて嬉しくて仕方ありません。

パトレンジャーが所属する国際警察の体操曲、ということで
振付ありきの歌になっています。
CDだけでなくぜひ振付練習動画(↓)もご参照いただきながら
楽しんでもらえれば。

ギターは今回も要田健さんにお願いしています。
コーラスを担当してくださった国際警察合唱団は、
作詞家・マイクスギヤマさんの教え子である
ヒューマンアカデミー那覇校の皆さん。
それこそ、アキバレ痛EDで組ませていただいたマイクさんと、
こういう形でまだご一緒できたのが有難く、また心強かったです。

そしてメインボーカルは吉田仁美さん。
もちろんルパパトの主題歌を担当されていることは存じ上げていましたが、
この曲の歌唱も担当されると知った時には本当にビックリしました。
この10年間で何度もご一緒するご縁をいただいた吉田さんですが、
今回ほどその縁を強く感じたことはなかったかもしれません。
本当に、二重三重の喜びです。

同時発売の
『快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー
VSサウンドコレクション1』
には
ショートサイズが収録されています。
こちらもぜひぜひ。

何卒ビシバシとよろしくお願い致します!(`_´)ゞ

[PR]
by seijimiura | 2018-06-26 14:27 | Works

鮭とイクラと893と娘

5月9日発売
TVアニメ『ヒナまつり』ED主題歌
「鮭とイクラと893と娘」
(歌:新田義史(cv:中島ヨシキさん))
c0025319_23502852.jpg

表題曲「鮭とイクラと893と娘」の作詞・作曲・編曲を担当しました。
昭和テイスト溢れる、ブルース系歌謡曲となっております。

原作マンガを最初に読ませていただいた時、
笑えて、泣けて、シュールで、でも王道で、
いろんな魅力がギッシリ詰まってる点にまず衝撃を受けました。
その原作の世界観をそのまま歌にした…というと聞こえが良いですが、
今思い返すと、
「『ヒナまつり』という作品の力によって書かせてもらった」
いや、もっとシンプルに「『ヒナまつり』が書かせた」という言い方が
一番しっくりくる気がします。
そのくらい、制作中まったくブレることの無かった曲でした。
曲タイトルがそれを何よりも証明しているかと思います。

リードからオブリからアコギから弾きまくってくれたギターは要田健さん。
特にイントロのフレーズは何度も何度もやり直してもらい
一番ご苦労をかけたんじゃないかな。
ベースは、豊富なキャリアを誇る大先輩・池間史規さん。
こういうタイプの曲だからこそ是非お力を借りたい!と
思い切ってお願いしました。
そしてピアノ&オルガンはマルヤマテツオさん。
やっぱりこの人の鍵盤が入ると曲の仕上がりが全然違います。
最後はエンジニアの中村悠二さんに、色々なアプローチを試してもらった後、
レトロ感と深みのある上品なミックスに仕上げて頂きました。

全体的に空間を大事にしたシンプルなサウンドなのですが、
だからこそごまかしの効かない音像でもあります。
この曲が最終的にきちんと形になったのは
新田を演じる中島さんの歌の説得力あってのことだと思います。

詞・曲・アレンジをセットで担当した主題歌は
実はこれが初めてだったのですが、
本当に満足のいく仕事になりました。

自分にとってこの曲は紛れもない「オレンジ色の宝石」です。

[PR]
by seijimiura | 2018-05-09 23:46 | Works

ヒナまつり

4月より放送開始するTVアニメ『ヒナまつり』

ED主題歌「鮭とイクラと893と娘」
作詞・作曲・編曲を担当させていただきました。
中島ヨシキさん演じる新田義史のキャラクターソングになります。

制作中に読んだ原作マンガがとにかく面白くて、
あっという間に既刊全巻買い揃えては何度も読み返して笑って笑って。
この作品に主題歌で関われる事が本当に嬉しいです。

本編ともどもED曲もよろしくお願い致しますm(_ _)m

[PR]
by seijimiura | 2018-03-03 16:58 | Works
1月17日発売、
成田ヨウスケさん・大木櫻子さん Single
『愛すればジェラシー』
c0025319_23024150.jpg

表題曲と、カップリングの「逆境サバイバル」の2曲を作編曲しております。
作詞は大木櫻子さん。どちらも詞先での制作でした。
ギターは要田健さんです。

「愛すればジェラシー」は王道の昭和歌謡デュエットソング。
そこに少々自分の洋楽趣味をスパイスとして取り入れております。
ニヤニヤしながらアレンジしましたね。

「逆境サバイバル」は80-90年代ヒーローアニメ主題歌リスペクト。
DNAに刻まれた懐かしのアニソン魂を全力注入できてサイコーでした。
とにかく熱い。そして要田さんのギターソロがカッコいい^o^

制作自体はだいぶ前だったのですが、
その頃ちょうどメインマシンも含めた機材の転換期で、
音を出すだけでも色々大変でした。
この2曲を聞き返すとその時の苦労がリアルに思い出されるなぁ…。


[PR]
by seijimiura | 2018-01-17 23:00 | Works

オキラクゴクラクガール

12月2日発売
おとめボタンさんNew Single
『オクラクゴクラクガール』

A形態(CDのみ)
c0025319_12183146.jpg
B形態(CD+DVD)
c0025319_12194261.jpg

表題曲「オキラクゴクラクガール」の作詞を担当しました。

名古屋を中心に活動されている、BOYS AND MENさんの妹分ユニットです。
昨年、一昨年とBOYS AND MEN研究生さんに作詞提供させていただきましたが、
それに続くご縁。なんと有難い^^

和テイスト溢れるカッコいいのダンスビートに乗せて、
脱力系のリリックが飛び交う"ガンバり過ぎるなソング"になっております。
シンドい時こそ気楽にいかないとね。

この歌詞を書きながら、自分自身すごく力が抜けてデトックスできた気がします。
ということで効力は絶対保証!(笑)よろしくお願い致します。

[PR]
by seijimiura | 2017-12-04 12:27 | Works

Utopia Blue

7月19日発売
『そらのおとしもの オリジナル・ソング・コレクション』

c0025319_09295372.jpg


新曲5曲の全作詞と、うち1曲の作曲を担当しました。

「Missing Piece」
 /イカロス(cv:早見沙織さん)[作詞]
「キャンディライクエモーション」
 /ニンフ(cv:野水伊織さん)[作詞]
「無敵さばいばる!!」
 /アストレア(cv:福原香織さん)[作詞]
「PLEASE ~メイレイデスカ?~」
 /イカロス、ニンフ、アストレア[作詞]
「Utopia Blue」
 /blue drops〈吉田仁美さん&イカロス〉[作詞曲]

本当に、本当に突然の『そらおと』再臨…!
自分にとっては映画『時計じかけの哀女神』以来のお仕事となります。

このブログでも何度も繰り返して書いてきた気がしますが、
まだキャリアの浅かった時期にこの『そらおと』とのご縁を頂き
2009年のTVアニメ1期から2011年の劇場版1作目までの2年間、
主題歌、挿入歌、キャラソン、カバー曲と
とにかく多種多様な制作を体験させてもらいました。
そこで感じた現場の熱量には常に刺激を受けましたし
技術的な面だけでなく、心構えのような面でも
多くのことを勉強することができたと思ってます。

特にblue dropsさんへの歌詞提供での経験は、
今でも自分の作詞仕事の基盤です。

「いつかまたもう一度『そらおと』のまた歌を作りたい」と
密かに願っていたのですが
それから6年、原作も完結しアニメもファイナルを迎え
もうその願いも叶うことはないと思ってたところで…
…今回突然の実現!
いやもうホント、人生一寸先で何が起こるかわかりませんよね。

使用されるメディアも違うということで
初めて『そらおと』を知る人にもその魅力が十分に伝わるように
ずっと『そらおと』を好きだった人にはその面白さを再認識してもらえるように
そんな風に心がけつつ作詞に臨みました。

キャラソン4曲の作編曲は、
『そらおと』の音楽と言えばこの方!岩崎元是さん。
アニメ2期や映画でもご一緒していたので、これも嬉しい再会でした。

久々にエンジェロイドの歌に取り組んでみたら…
イカロスの気持ちを言葉にするのはやっぱり難しいけど、
それだけに挑み甲斐があるな、とか、
ニンフだけ今までソロ曲を書く機会がなかったから、
今回決定的なものを出したいな、とか、
アストレアのおバカなノリはやっぱり楽しくて大好きだな、とか、
エンジェロイド3人で歌うなんてレアだから
結構具体的にその悲哀を描けるなとか、
(個人的に「PLEASE」のオケが最高に好き!^^)
…などなど、以前の気持ちに戻って楽しんでいる自分がいました。

そしてblue dropsさんの「Utopia Blue」。
(作曲も担当させていただくのは初めてでしたね)
これまでタイトルを背負って歌ってこられたお二人への敬意も含めつつ
作品が完結したからこそできる新しい主題歌のようなつもりで書きました。
自分にとっても集大成のような想いがあります。

愛情と、恩返しの気持ちをもって書いた5曲。
自分なりにやりきれたという達成感でいっぱいで、
いまは本当に幸せな気持ちです。
「幸せ…でした…」!


アルバムに収録されている楽曲の中には
「そばにいられるだけで」
「帰るから」
「SECOND」[作詞]
「チクチク・B・チック」
「超☆愛合体!!エンジェロボ!!」[作編曲]など
過去に関わらせてもらった楽曲や
いちファンとしても大好きな曲がぎっしり並んでいるので、
自分もアルバム一枚通して楽しみたいと思ってます^^

[PR]
by seijimiura | 2017-07-19 09:27 | Works