三浦誠司日記。


by seijimiura
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

N/S

10月29日(日)に開催される『M3-2017秋』
サークル「キノット」として参加します。
(スペースナンバー:第一展示場H-08b)。

当日は既発作品と併せ、
“くまのきよみ×辻純更”新譜『N/S』を頒布致します。

c0025319_10004614.jpg

1.「初秋ラムネーション」/歌:くまのきよみ
 作詞:辻純更/作編曲:三浦誠司
2.「ケストクライ」/歌:辻純更
 作詞:くまのきよみ/作編曲:三浦誠司

今回の新譜がいままでと一番大きく違うのは、
くまのさんと辻さんの二人が主導で制作スタートしたということ。
作詞家でもありシンガーでもあるおふたりが
「お互いの書いた歌詞で歌ってみたい!」と望んだことが発端です。

そこからさらに踏み込んで
「どんな曲で歌詞を書いてほしいか?歌ってみたいか?」
と尋ねてみたところ、
くまのさんは『80年代風アイドルソング』、
辻さんは『電波系』を真っ先に希望。

だから作編曲を担当した三浦としては
”楽曲提供”という心持ちでふたりのリクエストに挑んでいきました。

「初秋ラムネーション」は懐かしい空気たっぷりのアイドルソング。
柳田しゆさんのご協力もいただいて公園通スタジオで歌RECされた
くまのさんの伸びやかな歌声が聴いてて気持ちいいナンバーです。
そしてなかなか詞曲で一緒になる機会のない
(仕事では未だに「ミライファンファーレ」1曲のみ!)
辻さんの歌詞は、当時の雰囲気と一緒に
しっかりとこの人らしさも出ております。

「ケストクライ」は、久々にくまの歌詞と組んだド電波(笑)なので、
個人的にも「あーこれだこれだ^^」と楽しみました。
以前に何曲もこの感じでご一緒していたので
なんだか思い出すことも多かったですねー。
そしてこの譜割をこっちの想定以上に歌い切る辻純更…。
やっぱりとんでもない歌手ですよ!

どちらも作詞家自身のコーラス(…じゃない声もあったり(笑))と
要田健さんのギターも加わって、
出来上がったのは、”北”と”南”みたいにとっても両極端な2トラック。
これがふたりの「ユニット」
”くまのきよみ×辻純更”の第1作『N/S』です^o^

どちらのファンにも必ず楽しめる内容になってると思います。
当日は全員で売り子できる…かな?
今回もどうぞよろしくお願いします。

【M3-2017秋頒布作品】
くまのきよみ×辻純更『N/S』


松浦有希+三浦誠司『11th Door / RING -凛-』


キノット feat.vocal 辻純更『メビウス』



●セブンブリッジ『日輪』


キノット feat.vocal くまのきよみ『LOVE GRADE』


セブンブリッジ『SPADE』

[PR]
by seijimiura | 2017-10-14 10:02 | Life