三浦誠司日記。


by seijimiura
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

あの日僕のところへ やってきたヒコーキは

c0025319_23325039.jpg
本日5/28発売、
吉田仁美さん
1st Album
『.htm』



Tr 4.「そばにいられるだけで(Main Vocal Hitomi)」[作詞]
Tr 7.「帰るから(Piano Version)」[作詞]
Tr 8.「SECOND(Main Vocal Hitomi)」[作詞]
Tr 12.「未来ヒコーキ」[作詞/編曲]
……の4曲に関わらせていただいてます。

一度でもステージを観たら誰もがファンになってしまう
魅力溢れるヴォーカリスト/パフォーマーである吉田さん。
いつも歌詞を凄く大事にしてくれて、
事前に何の擦り合わせが無くてもスッと詞の世界にシンクロし、
情感いっぱいに表現してくれる…。
レコーディングを拝見するたびに感激したし、
楽曲数を重ねるごとにどんどん詞を書くのが楽しくなっていきました。
前回のブログで「『そらおと』は作詞家として自分の転機」と書きましたが、
それは吉田さんに引っ張っていただいた部分も大きかったように思います。

今回のアルバムでは、そんな「そらのおとしもの」で
書かせてもらった思い出深い3曲に加え
「そらおと」1期前年、「我が家のお稲荷さま。」直後に
TV番組『ファイテンション☆テレビ』のために制作した「未来ヒコーキ」が
6年の時を越えて初めてCD化されるという、
個人的にとてもサプライズな出来事が!

いま聴くと、歌詞も音も、なんというか若い!(笑)
「今なら絶対こういう言葉使わないなぁ」とか
「今ならこうやってアレンジするよなぁ」とか
当然省みるところもあるんですけど、
逆に「これはこの当時にしか作れなかったな」という気持ちもデカく、
こうしてフルコーラスの初お披露目が実現したのがたまらなく嬉しいです。

6年前に投げた紙飛行機が今日届いたのか?
いや。
今日投げた紙飛行機が6年前のあの日に届いてたのかも。

いろんな思い出が蘇るのですが、
一番強く思うのが、また吉田さんとお仕事をしてみたいということ。
今だったらどんな歌詞を書くだろうか?と自分自身楽しみなんです。
そんな日がやがて来ることを願いつつ、
吉田さん、アルバム発売おめでとうございます!!
[PR]
by seijimiura | 2014-05-28 23:33 | Works